このUSBハブ、オススメ。ただし必要な人に限るw

今回紹介するのは、USBハブ。

 

改めて紹介しますが、USBハブ自体は、世の中に登場して以来ずっと使っています。

 

ただし、これはウチのちょっと特殊な(貧乏くさい)使い方にピッタリ合ったUSBハブです。

 

Anker AH232 USB 3.0 13ポート +1スマート充電ポート(5V / 2.1A) アルミニウムハブ USB1.1/2.0互換

新品価格
¥6,199から
(2018/11/9 00:39時点)

13ポートもいらんだろw という声が聞こえそうですが、ウチはこれを複数使用しています。

 

再び紹介なので、質感などが気になる方は前記事をどうぞ。

 

ちなみに充電用のポートにはテープを貼って使用していません。

 

まぁ何かっていうと、バックアップ用の外付けHDを全部これに繋いでるわけです。

 

2台に同じデータ入れ、20組以上あるので50台ほど。

 

2台組にする必要がない雑データ倉庫や、データ受け渡し用のファイルサーバ的なHDもありますし。

 

上記のように全データを2台のディスクに保存しているのですが、いわゆるRAIDシステムは組んでません。

 

自動っていうのを信用していないんです。また何かあった際、管理やエラーの修復が実は面倒だからです。

 

ですので、ウチではこれからもバックアップのデータの保存は、アナログレイド。

 

同じ容量のHDを2台ずつ増設しハブに繋いだMacにて行ないます。

 

さて、このハブはUSB3.0なので、新しいディスクの場合はスピードもOK。

 

下位互換アリなのでUSBの1や2の古いディスクも大丈夫。

 

ハブ自体の発熱が問題になっている機種ですが、全部のUSB端子をガンガンに使っていないならほぼ問題なしです。

 

Amazonのレビューからもわかるように、このメーカーは不具合があった際の対応が完璧です。

 

問題があれば代替商品の交換に速攻応じてくれるようです。

コメント

  1. Evangelina より:

    Thank you for your blog post.Really thank you! Awesome.

  2. online pharmacy より:

    Everything is very open with a very clear explanation of the
    issues. It was really informative. Your site is very useful.
    Thanks for sharing!